• AURORA

フラメンコの足技の練習で上達する方法(みるところを変える)

フラメンコの足技の練習で

上達する方法

(みるところを変える)





昨日は

2022年最初のフラメンコレッスンDay~

フラメンコの中の重要なパートの

足音を鳴らすシーン

(エスコビージャ)

の練習をじっくりとゆっくりと。

というのも

それくらい

簡単にできない技で

時間がかかる。

そして

いい足音を出すためには

姿勢をなおさないといけない。

つまり

姿勢が悪いと

かっこ悪い上に

音も出ないし

ついでに

膝や太ももが痛くなったりして

故障にも繋がる。





【ガロティンのエスコビージャ】火曜日の夜フラメンコレッスンアウロラフラメンコのレッスン風景ガロティンのエスコビージャの練習です。岐阜・愛知フラメンコ教室アウロラアウロラは岐阜県の岐阜県本巣市のモレラ岐阜JEUGIAカルチャーセンターモレラ岐阜、岐阜県大垣市のアクアウォーク大垣JEUGIAカルチャーセンターアクアウォーク大垣、愛知県稲沢市アピタタウン友遊カルチャーセンター...www.youtube.com

私は練習を長時間しても

膝が痛くなることはない。

太ももが疲れることもない。

もし

そのような症状があるのであれば

姿勢が間違っているし

足の打ち方が間違っていると

疑ってください。



足音を出す練習の時に

みんなは

足下ばっかり観ていることが多いですね。

でも

その練習方法だと上達しません。

観れば観るほと

上手くいかないと思うよ。

足の練習をしているときは

「上半身に注目」

「全身に注目」





もし

打っている間

鏡に映っている姿がかっこ悪いのであれば

その打ち方は

間違っている可能性が高いです。

上半身をしっかり引き上げて

足の重みを利用して

重力を利用して

振り下ろすようにしてくださいね。



つまり

足音を鳴らすシーン(エスコビージャ)のところで

そこまでは疲れないです。

むしろ

空に飛んでいくように

上半身は

上に上に上がっていくので

足はドンドン軽くなって

早く打てるようになります。

スピードが上がるのを止めるのが

むしろ

難しくなってきたら

正解に近いです。

気長に

コツコツ練習してみて下さいね。




フラメンコが蜘蛛の糸だった

閲覧数:8回0件のコメント