• AURORA

フラメンコは「生け花」理論。2Dではなく3Dで魅せる。

フラメンコは「生け花」理論。

2Dではなく3Dで魅せる。





フラメンコレッスンの時に

私は「生け花」に置き換えて

例え話をすることがある。

自分のカラダを生け花のように

立体的に見えるように踊るのが

私のポリシーなのです。

生け花を習ったことがある人には

刺さるようなのですが

習った事がないと

少々伝わりにくいかもしれません。

<2Dではなく3D>



「​​​​​生け花」を

習っていた時に

教わったことは

「3角形を意識すること」という

基本を守れ、とのことだった。

流派によって

その3角形の言い方が違うようです。

あくまでも

かじっただけなので

言葉は全く記憶にないのですが

確かに3角形を意識すると

とてもお花が美しく生けられるのです。




フラメンコでキレイに踊る為の

気づきがあったときに

この「生け花」の基本に

そっくりだと私は感じたんです。

<先生を直接みて踊ると2D>

<鏡越しにみて踊ると3D>



もしアナタが

なんとなくフラメンコがキレイに踊れない、と悩んでいるならば

レッスンの時に

鏡越しの先生を真似してみると

突き抜けるキッカケを見いだせると思います。

直接みるより

難しいのですが

難しい、ということは

それだけ鏡越しの先生を観て真似する方が

得られる情報が多い、ということです。

より

立体的に捉えることができるので

自分のフラメンコが変わってくるかと思います。

振付を覚えるに精一杯の時は

余裕がないので

できないかもしれません。

しかし、

早めにそのクセ(鏡越しの先生を観るクセ)をつけると

上達のスピードが上がるはずです。

よかったら

試してみて下さいね。

スタジオアウロラのHPはこちら



3回の閲覧

               AURORA  flamenco