• AURORA

裏(コントラ)を理解する簡単な方法(裏も表、表も表)

裏(コントラ)を理解する簡単な方法

(裏も表、表も表)





ここ数日、

私の中で

「裏が苦手な生徒さんにどう伝えれば良いのだろう?」

そんなことを思い悩んでいて。

夜中に目が覚めて

「これがいいかな}

「これもやってみようかな」

と1人作戦会議で

脳内が

忙しかったんです。



夜中にまで目が覚めるなんて

かわいそうに、そんなに悩むなんて~

と優しいアナタは心配してくれてるかもシレナイね?

でもご安心ください。

1人作戦会議は

私の趣味で生きがいのようなモノ。

作戦成功したときに喜びが

なによりも大好物なんです~




裏(コントラ)を理解する簡単な方法

(裏も表、表も表)


1つの簡単な方法(作戦)は

裏という概念そのものを

やめることかな~



表ならしっかり感じて理解して

パルマを叩いたり

振付を飛ばしたりしないなら

裏も表として

とらえればいいだけ、なんですよね。




「はい?だから、それどういうこと?」

と言いたいよね。

はいはい、説明しましょう。



通常

4拍子を表裏の感覚で表現すると

いち・と・に・と・さん・と・よん・と

①と②と③と④と

との部分が裏(コントラ)

このと、の部分が全部一緒だから

まるで

無視しても成立するような気もするし

無視しても大丈夫にような気がするわけ。




そこで

との部分を全部数字の表にしてしまえば

飛ばすのが何だか罪深い気がしてくる。

1  と  2   と  3  と  4  と

   ↓      ↓      ↓     ↓

1  2  3  4   5  6  7  8

との部分を全部数字する

そうすると

奇数が表

偶数が裏

となる。



数字にすると

つまり

裏もしっかり一拍として

とらえれば

簡単に無視できなくなる。

それくらい

裏は無視できない存在なんだよね~

1度

この作戦

取り入れてみて下さい~

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示