• AURORA

良い質問をしたら勝てる

良い質問をしたら勝てる


以前のブログにて

質問について

書いたことがある。

先生に質問をすることの

重要性について。



私は生徒さんから

質問をされると

嬉しくなります。

フラメンコを始めたばかりだと

何をやっているのか

よくわからない。

何がわからないか

わからない。




何か質問ありますか??

という問い掛けに

何がわからないかわかりません、という

答えが出せるなら

なかなかいい。

なぜなら

まずは現状を把握しているから。

なかなかセンスがある。




センスがないのは

「???」という

打っても響かないような反応の時。

なんで先生は

質問ありますか、なんて聞いてくるの?的な反応。

きっと、

受け身が当たり前で

恵まれていることに気がつけない

オトナコドモみたいな

精神年齢なんだろう、と

密かに判断する。

そして

その反応があった場合、

私から2度と投げかけることはない。



かくいう私も

昔は

そういうおバカさんだった。

恵まれていることに

気がつけない。

今ある環境が当たり前。

質問することの重要性や

ひとつひとつの

態度というものが大事で。

相手に与える印象ひとつで

その後

大事にされるか

されないかを

左右するということを

知らずにいた。




しかし、

そんな態度であっても

オトナの社会は

高額なお金を払えば

相手にされる権利を買うことができる。

そこで

ある意味

人生の誤解が始まるケースもある。



そういう全てのことを

きちんと知っていくことが

オトナになること。

女性は世間知らずで

年齢的にオトナになっている人も多いので、

フラメンコを習いに行っても

なんだか面白くない人は

もしかして社会勉強の機会を

与えられてのかもしれません。



話が脱線しているようだけど、

実はしていなくて。

質問ひとつで

いろんなことがわかる。

と、いう話。




そして質問したいけれど

本当によくわからない段階で

でも

フラメンコが上達したい、

何かを掴みたい。

そんな方がしてくださる行動がある。

それは

報告。




今、こういうことをやっています、

そして

レッスンでこんなことがわかりました〜

とか、

なんでもいいんですけど、

それが自然にできている人は

伸びます。



わからないことは

どんどん質問する。

そして

質問したくても

よくわからないならば

報告する。

この2つ

意識すると、勝てます。

間違いない!!!




               AURORA  flamenco