• AURORA

私の「幸福論」(悲しいニュースを受けて思うこともあり)

私の「幸福論」

(悲しいニュースを受けて思うこともあり)




女性たちに

ちょっとしたキッカケで

人生が良き方にいくように、

と願い

フラメンコを教えたり

踊る機会を提供する

活動をしています。

しょっとしたキッカケ=フラメンコ

ということで

私はやっているけれど

フラメンコでなくても

いいと

もちろん思う。

習字を始めたり

絵手紙始めたり。

そんな文化活動の場合もあれば。

ボランティア活動かもしれないし。

それは

個々のお好みで

心惹かれる何かなんだろう、

キッカケは。

もしかして

一冊の本をキッカケに

パラダイムシフトするかもしれない。



コロナで命を落とされた方もいる中で

最近は

ショッキングなニュースもありましたね。

光り輝いてみえていた方が

突然に

この世からいなくなるって

衝撃です。

私も、アナタも

いつなにが起きるかわからない、といえば

わからない。

そんなご時世でもある。




<何がシアワセかわからない>

確かにそうかもしれないね。

私には

シアワセを

感じられる時って

こういう時だ、

という

定義がある。




<シアワセは伸び率>

昨日より今日、

今日より明日

すこしづつ良くなっていくことが

1番シアワセを感じるのではないか、

と思う。

ツライ、不幸と感じやすいとすれば

転落していくことかな、と思う。

生まれついて恵まれた環境にいる人が

成長するにつれて失われていくとしたら、、、

失われていく、と感じたら

不幸だろう、と思う。

その理論で行くと

カラダは老化・劣化していくので

若さが1番の富だという価値観でいると

どんどん不幸になっていくだろうね。




あと

シアワセというのは

瞬間のように思う。

圧倒的にシアワセな瞬間、というのが

誰しもあるのかもしれない。

おそらく子ども時代。

100%自分が

親から

愛情を注がれている時間があったならば。



この瞬間の記憶が強烈に一秒でもあれば

生きていける、

信じていける、

というような感覚をもてるかもしれないな、と思う。

これは

本当にタカラモノのような時間だから

もしその記憶があって

意識できているのであれば

シアワセを感じやすい体質かもしれません。



私は子ども時代に

ワンシーンだけ

「これは最高にシアワセの瞬間だな」というシーンの記憶がある。

なぜそう思ったのかわからない。

いつものよくある

日曜日の朝の記憶・・・

今でも

時々思い出して泣けることがある。

私はいつ死ぬのかわからないけれど

もし

死ぬときに意識があるならば

このワンシーンは思い出すのではないか、と思う。

逆に言うと

そのシアワセの「ワンシーン」を

今も追い求めて

生きている。


オンラインレッスンはこちら

               AURORA  flamenco