• AURORA

真似するところがそこじゃない、生徒が間違えるポイントは1つ

真似するところがそこじゃない、

生徒が間違えるポイントは1つ





<生徒さんがやってしまう間違えるポイント>

フラメンコレッスンで

または

動画などで真似したくなる部分は

目立つどころ、

その気持ちは良くわかります。

踊っているコチラも

目立つところは

あえて

目立たせているので

ある意味、

こちらの意図通りの展開。



生徒さんが真似するポイントは

その目立つポイントである場合が

ほとんどです。

でも真似する部分はそこじゃない、

「ちがう、ちがう、そうじゃな~い♫」

なんですよね。



「ちがう、ちがう、そうじゃな~い♫」

じゃ、どこなの??




真似するポイントは

腕、手、足、足下ではないんです。

体幹の部分

「胴体」です。

先生を真似するのであれば

一番目立たない「胴体の動き」がどうなっているのか??

そこに注目してみて下さい。

そして

そこを真似するようにしてみましょう~





~生徒さんが話してくれた内容

・フラメンコをやっていてよかったことは??~

第2の人生ならぬ

第3の人生で

フラメンコを楽しんでいます。

歳をとってから

自己表現できることがなかなかない。

だからフラメンコは楽しい。

(モレラ岐阜の生徒さん)

フラメンコがずっと踊れるように

ジムへ行ってトレーニングしています。

(モレラ岐阜の生徒さん)

私は音楽と共に過ごす時間がないと

生きていけない。

(モレラ岐阜の生徒さん)

フラメンコギターのメロディーが

たまらなく好きです。

(モレラ岐阜の生徒さん)

フラメンコの足のトレーニングで

骨密度を上げようと思っています。

(モレラ岐阜の生徒さん)

できないことができた時の喜びがある。

達成感がある。

(大垣の生徒さん)

大人になってからの習い事は

ストレス解消になり

楽しい。

(大垣の生徒さん)

ジャニーズが

好きでダンスを踊ってみたいと思った、楽しい。

(大垣の生徒さん)




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示