• AURORA

本当の「良い姿勢」を知らないのが当り前

本当の

「良い姿勢」を知らないのが当り前






アウロウラーの皆様、

3連休

楽しんでいますか??

外出はできない状況の方も

多いとは思いますが、

おうちでゆっくりカラダを休めて

デザートでも食べて

時には

自分を甘やかして下さいね。



怠け者の

フラメンコダンサーの私も

珍しく

3連休はフラメンコレッスンしておりました。



オンラインレッスンで

岐阜県や愛知県以外の方と

フラメンコするのも

楽しいですね~

リアルではないけれど

オンラインでも充分

フラメンコを楽しむ事はできますよ。

おうち時間の

軽いエクササイズ感覚で

よろしければ

オンラインレッスンにチャレンジしてみてくださいね。

オンラインレッスン申込・問い合わせ



私は

フラメンコを始める前は

姿勢が悪くて

筋力もなくて

ダメダメでした。




フラメンコは

「良い姿勢」を知るチャンスです。

おそらく

クラシックバレエを習った事がある人以外は

しっかり勉強する機会はないかもしれないです。



よくある

姿勢の良いと思われるポージングは

「正面からみて胸を張っている状態」

だと想像がつきます。

そうではないんですね~実は。




正しい姿勢は

胸も開いて

背中も開いて

両方ストレッチしている状態。

反り腰になっていない状態。

オードリーの春日みたいに

マッチョな人がとっているポージングが正しいのです。

ゴリラのような体勢、

と言っていた生徒さんもいました。





ゴリラは

横からみると

人間の「気をつけ」の体勢ではなく

一見すると

猫背のようにも見えますね。

それが正しい姿勢です。



フラメンコを踊る時は

必ず正しい姿勢になるように

指導します。

そうじゃなければ

キレイに踊れないからです。

キレイに踊りたい、というゴールを目指して

練習しているうちに

キレイな姿勢、正しい姿勢も手に入る、

という

一石二鳥なんです。

まずは

正しい姿勢、キレイな姿勢で

立てるように。

そこが

フラメンコレッスンのスタートになります。



アウロラの生徒様の声




0回の閲覧0件のコメント