top of page
  • 執筆者の写真AURORA

フラメンコ上達の為のヒントは(推理小説の犯人のようです)

アウロラフラメンコでは

動画を撮影(希望者のみ)して

SNSで更新しています^^

 

予習・復習を

レッスン以外の時間にしたい方の為には

 

とても

便利かつ

お得なサービスです〜

 

アウロラの生徒さんじゃない方も

視聴されているようですね!!







動画を観て

「自分の動きをより

フラメンコらしくしたい」

 

どうすれば

よくなる??

 

これは

なかなか難しくって

自分では改善できないと思います〜

 

一番

手っ取り早いのは

 

わからないところをメモするなり

しっかり覚えておいて

 

次回のレッスンで

先生にピンポイントで聞いて

直してもらうこと

 

ポイントは

必ず

ピンポイントで!!というところですね





 



注意点としては

たくさんの曲が踊れる場合は

 

セビジャーナスを良くしたい

とか

ファンダンゴ・デ・ウエルバを良くしたい

 

 

など言いたくなるかもしれないけれど

それでは

全然ピンポイントじゃない

 

もっと

細かいところを言った方がいいかな〜

 

一曲

丸々言われても

「そりゃそうだろうね〜」

 

と、

どこから教えればいいの?と

 

基礎の基礎からやり直すことになりかねない!!

 

だから

できるだけ

細部のここを知りたい、とか

 

先生に伝えられる人は

圧倒的に上手になります〜

 

そこまで

細部に言っていただければ

1人の時の練習方法も教えてあげられるしね^^







先生からみたら

 

多分

直すところ、直したいところは

たくさんあって

キリがないと言えばキリがないので

 

優先順位をつけて

教えているのだけど

 

自分自身が気になるところも

大事なことで

 

自分自身が

気分よく踊れることって

すっごく大事だから^^





上達したいポイントを見つけられたら

もうそれは

上達したのと同じくらい重要であること

 

そして

大体が

その答えは

 

自分の思っている

真逆が答えである場合が

ほとんとです^^

 






 

例えば

 

足音が全然上手くならせない場合は

上半身の引き上げが足りないから

 

など

その部分の問題じゃない場合が多いね^^

 

 

まるで

推理小説の犯人のように意外な人が犯人

または味方と思っていた人が敵??っていうか〜

 

肩こりの原因は

肩じゃなくて

その他の肩甲骨や首や頭だったりするのと

似ているのかな??

 

よろしければ

検証の参考にしてくださいね〜 





閲覧数:5回0件のコメント

Commentaires


bottom of page