• AURORA

フラメンコにおけるイタイ人・美しくない人の特徴は?

フラメンコにおけるイタイ人・美しくない人の特徴は?





フラメンコにおけるイタイ人・美しくない人の特徴は?


こういうエッジの効いたタイトルでブログを書くと

批判のコメントがまた来るかもしれない。


しかし自分への戒め

そして耳の痛いことほど真実であることが多いのであえて書きたいと思います。


以前批判コメントを頂いた記事はコチラ






フラメンコにおけるイタイ人・美しくない人の特徴は?

このタイトルに当たる人物は誰か??


それは他でもないお恥ずかしながら<過去の私自身>だったりします・・・(笑)


じゃあ今はイタイ人ではないのか??

美しくない人ではないのか??


その判断は出会った人がどう思うかですが

失敗の数が果てしないので以前よりましで

成長することを諦めていない、

ということは自分の決めごとだったりします。


人生は常の登山の途中のようなもの

旅の途中のようなもの


フラメンコにおけるイタイ人の特徴は??


➀自分と他人を比べて自分の方が上手いと思い込んでいる人


これはイタイ。自分よりフラメンコ歴の短い人をみて安心するなんて1番ダサい。

成長しない人の特徴とも言える。

この➀に関しては私は志だけは高いのでなかったですね。

自分が見本にする方向はスペイン人の一流アーティストなので

逆に手が届きようもないのでただただもがいているという状況。(笑)





②他の人の悪口を言う、つるんでないと行動できない


実際、こういう人物に出会ったことがあるけれどオトナとしてどうかと思う。


自分のふがいなさを悪口を言うことで発散しているとも言えるけれど。

女子の集団では1人か2人はいるものだけど関わると

自分にも伝染して悪影響なので上手にかわそう。





③コンパスをやたら語る人



これについては・・・私です(笑)



今思うと、かなり周りの人からしたら鬱陶しいタイプですよね。(汗)

コンパスについて語るとなんか気持ちいいんだよね。

でも、フラメンコの楽しみ方は人それぞれ。コンパス感なんてものは

それぞれの考えでやっていきたいモノである。





④自信がついてきた頃に自分のフラメンコを客観的に自分が観れない人


この④についてはなかなか難しい問題ではあるけれど

ここで感情に走るフラメンコをすると違うことになったりする。


フラメンコを始めたばかりのフラメンコっていうのは基本的には美しい。

純粋にフラメンコを楽しんで踊っている姿はキレイなんです。

しかしできるようになってからは上手く見せようとするのがフラメンコに出てくる。


そうするとキモさが出てくる(笑)


私もこの時期があって自分の動画を観て吐きそうになるくらいキモかった(笑)

誰でもなるこの期間をどうとらえてどう取り組むかが

美しいダンサーになれるかどうかの瀬戸際かもしれない。


ここからが本当に自分の心をみつめて素直に取り組むこと。

美しくない人の最大の特徴は「素直じゃない人」これに尽きるかもしれない。

素直になることは簡単なんですよ、本当は。

素直になるって決めるだけ。


私自身よく思うのは「人の目って節穴じゃない」そう思うんです。


どんなに取り繕うともほとんどバレてるので

むしろ素直になった方が自分も周りも気分がいいし

素直になることで感動を生むことすらある。



言い訳を重ねて自分の都合の良い方へ誘導できたとしても

賢い相手はわかっていることなんです。







フラメンコを教えるようになって

1番言われて気分が悪かったことは

「誰々さんが言っていたのでこうしてもらえませんか?」

というような

要求をしてくる生徒さんでしたね。



自分の要求を言うことを人の名前を使う

もしくはみんなが言っているという話し方をする人は

シンプルにズルイ。




もし何かを話すとしたら

自分の意見として必ず話すべきであると

私は思う

しそういう人には関わりたくもないし

ゼッタイフラメンコを教えたくない。


何かを要求したり自分の気持ちを話したり

そういう時って恥ずかしいかもしれないし

できれば都合良くことを勧めたいかもしれない



けれど

子どもじゃないんだからキチンと話せるようになって欲しい。




泣きながらでもいいし

笑いながらでもいいし

怒りながらでもいいんじゃない??

だって現在の素直なアナタはそうなんでしょ??






もっと言うとなんでも欲しい欲しいの

「クレクレオンナ」はあまりにも美しくない。


まずは自分が変わる事。


人に何かを求める方が違うと思うけどね。


フラメンコでもなんでも

究極に真剣に取り組めば取り組むほど孤独なんです。


孤独は本当に苦しいですよ。



でもその孤独や絶望を知ると

人に求めることがなくなって全て感謝になります。


フラメンコに限らず

何かを腹決めて頑張った人は

思い通りにならなさ過ぎて絶望すると思う。






それは子育てかもしれない

夫婦関係かもしれない


でもそこで人のせいにしたり環境のせいにしたら堂々巡りが始まるんです。



ずっと苦しいまま。

その事態を招いたのは必ず自分自身なので逃げずに淡々とやるしかない。



淡々とやった人しかわからない境地があり

その境地にたどり着いた人はまた次のステージが始まるんです。



そして本当に美しい人って言うのは必ず孤独・絶望を知っている人。


自分への探検を常にしている人。


その経験をしている人としていない人は圧倒的に話す内容も変わってきます。


少なくと人の悪口を言ったり人のせいにしている人ではないことは確かといえますね。

(一緒に本当に楽しいフラメンコしましょうね~)






スタジオアウロラのHPはこちら


生徒様の声





スタジオアウロラの生徒様の声(一部抜粋)



Question1

スタジオアウロラの良いところ


ANSER 先生の人柄。先生が楽しくてつい続けたい! と思ってしまいました。

先生がきさくで質問しやすく、チャレンジしたい気持ちを大切にしてくださること。どんどん惜しみなく先生の知識をフラメンコ全体について教えていただけること。動画をいろいろとアップしてくださるのでお手本を何度も見られて学びやすいこと。

               AURORA  flamenco