• AURORA

フラメンコが「くもの糸」だった&「ドラマ」をあきらめないで

フラメンコが「くもの糸」だった

「ドラマ」をあきらめないで






いやいや~

怒濤の年末ですね~

みなさま。

昨日は

アウロラ・オンラインスタジオにて

フラメンコ衣装販売会



ソにジョーンズさんの

華麗な衣装を

試着しまくりんぐ~

その後の女子会も

盛り上がりましたね。




少し前にも書いたけれど

最近は

生徒さんと話す時間があったので

「彼女たちの人生ドラマ」を

たくさん感じています。

感じすぎて

データ量多すぎて

逆に筆が止まるぜってカンジ。

言いたいことが多すぎて

伝えたいことが多すぎて



だから

また女子会しましょうね。

衣装も決まってないしね。



それにしても。

私にとって

フラメンコが「くもの糸」だったように

みんなも

それぞれの壮大なドラマの中で

フラメンコに出会って

新しい仲間や楽しめる環境に

出会い始めている。

その場所が

アウロラであったらいいよね、と思う。

短い付き合いでも

長い付き合いでも

それはやってみないとわからない。

だけど

1歩踏み出して

新しい事を始める。

そして

何かが動き始める。



あなたは

あなたの人生では「主人公」なんです。

それに気がついて欲しいよ。

女性はいつも

誰かをささえる

役回りになってしまいがち。





だけど

それは

支えられる側にとっては脇役かもシレナイ。

だけど

あなたはあなたの人生がある。

過去に何があったって

そのつじつま合わせの人生を生きる必要は無い。



今日から

過去を全部忘れて

キャラ変更したって全然いい。

他人もその人のドラマで精一杯。

主役をこなすのに精一杯。

つじつまあわせて

同じキャラでいる必要ないんです。

昨日までは貞淑な妻だったのに

今日からなぜか鬼嫁になったんです、おれの妻、

みたいに

言わせておけば良い(笑)

過去の痛みは

自分の人生を変えるしか

癒えることはない。




そして

残念ながら

本当の自分を全部理解してくれる人って

いないんです。

だって

自分すら自分のことが未知数なんだもの。




よくわからないけど

全部はわからないけど

一緒にいたい

ともに生きたい

そう思える人だけが

「真の理解者になる可能性のある人」

なのかなって思うよ。



ただ

苦しい中

一生懸命生きて

私なんかもう死にたい、くらいなことがあっても

そういう女性がいるんだ、

という事実だったり

苦しいエピソードなんかの

話を聞くだけで救われる人もいたりする。





オンナ人生いろいろあるけど

「過去は過去」

「今日から新しい私」

「人生の主役は自分」

人生のオセロ

一緒にひっくり返しましょう

黒歴史は

フラメンコの情熱で

燃やしてしまえ!!

そして

新たな真っ白なページに

バラ色のドラマな脚本で

生きていきましょう~

閲覧数:2回0件のコメント