• AURORA

オンナ人生の本番は35歳からスタートする(本当の自分が形成される)

オンナ人生の本番は35歳からスタートする

(本当の自分が形成される)




現代の日本では

成人が20歳。

選挙権は18歳からと

引き下げられた。

アナタはどう思っている?

本当の意味で大人になるのは

一体何歳からなのだろう?



これは

完全に育った環境によって変わってくると思う。

例えば

中学卒業してすぐに

手に職を身につけ社会に出ている方なんかは

社会生活を早く送っている点では

大人に近づく率は上がるのかな、と思う。

俳優の唐沢寿明さんは

俳優業で生活するために退路を断つ、ということで

中学を卒業してから高校へは行かないで

俳優を目指したと聞きました。

これは

立派に自分の道を未成年の段階で決めて

腹をくくっている!!

覚悟をもつ、ということが大人ならば

その時点で大人かもしれない。



私自信は

35歳から大人の仲間入りのスタートを切った、という感覚を持っている。

それまでは

まるで子どもで覚悟のない成人女性だった・・・


両親には

短大まで通わせてもらい

就職も世話をしてもらった。

厳しい親だったので

一人暮らしなんてさせてもらえるわけもなく

自分自身もそこまでの覚悟も自信もなく生きて・・・

27歳で結婚。

そして

32歳で離婚した。

そこから

初めての一人暮らし・・・

私は

自分1人ではなにもできない、

出来る気になっていたけれど

今まで親に守られてふんわり生きてきたんだと始めて気がついて・・・・

自分の足でなんとか歩きたい、と願いそこから自分をスタートさせた。

フラメンコに出会ったのは

35歳だった。



それから13年たち

今やっと

自分というモノと上手く向き合い始めたばかりの

まだまだヒヨッコ、という感覚なんです、お恥ずかしながら・・・・


私自身の

自立のスタートとともにフラメンコがあった、感覚。

フラメンコは

私の友達のような、戦友のような、

時には

苦しめる存在にもなったりして。

つまり

「人生そのもの」そんなカンジでいる。



これから

どんな状況に私が置かれたとしても

フラメンコは共にいるんだろうな~と思っています。




「オンナ人生の本番は35歳から」

今は女性も色んな生き方があって。

結婚するだけが幸せじゃない。

あえて結婚しない、子どももいない、という選択をする人もいる。

そして

シングルマザーを選ぶ人もいる。

それもアリで

既存の枠の「幸せ」そうなモデルも案外作られているかもしれなくて。

ステキな奥さん風でも

ふたを開けるとそうでもなかったりして・・・

本当に自分自身が納得する人生を選べるのは

両親から与えられた

環境から卒業した時。

それは

一緒に生活している、していない、ということではなく

本当の自分のスタイルに納得できて

輝いているかどうか、ということ。



私には

フラメンコという存在があって強みになっているけれど

なんでもいいから

「自分らしい生き方」ができるライフスタイルを確立していく努力を

35歳過ぎたら真剣に考えるといいかもね~

と、ふと思いますよ~


スタジオアウロラのHPはこちら



               AURORA  flamenco