• AURORA

めんどくさがり屋さんの私でも続けられるフラメンコ。フラメンコは単純だから。

めんどくさがり屋さんの私でも続けられるフラメンコ。

フラメンコは単純だから。



以前

フラメンコ関連のインターネット記事の中で

フラメンコはめちゃくちゃ難しくて

しかも高尚なもの。

そして

フラメンコを理解していないような人が

フラメンコを語るなんてけしからん、というような

記事をみかけることがあった・・

その記事を読んだ時に

「一体なにがしたいの?」

「フラメンコ愛好家を減らしたいの?」

と思ってしまいました。

自分自身がフラメンコを難しいと思っていて

自分の好きなフラメンコが

深淵でスゴいモノって思いたい、のは

わからなくはないけれど。

初心者で悩んでいる人が読んだら

わからないなんて人にも聞けなくなるし

できる人がスゴいって落ち込んで

フラメンコをやめたくなるだろう。

もし

そういう人が身近にいたら無視していいし

先生がそういう人なら

その先生の気がしれない、と私は個人的に思います。



フラメンコがすごく上手な人で

フラメンコに詳しくて

かっこいい人は素晴らしいかもしれないけれど

だからと言って

フラメンコに特化しているだけで

人間的にどうか、というのはまた別問題。

それはそれ、これはこれ。

しかも

フラメンコというのは

すごく単純でわかってしまうと

とても簡単。

生徒さんに例え話で

「フラメンコはテトリスに似ている」

「縄跳びに似ている」と

言ったことがある。

あと

手芸でいうと

「パッチワークに似ている」とも言える。

私は編み物が好きなんですけれど

編み物にも似ているかもしれない。

同じことを何回も繰り返している、のである。

フラメンコというのは。

面倒くさがり屋の私でも楽しめるのだから

難しいわけがない。



パッチワークで作品を作るときに

どんな生地で何を作ろう、そんな風に考えると

フラメンコは似ている、と思う。

全部同じ生地でも作品はできあがる。

生地をバラバラにすることもできる。

振付というのは

その生地を集めている感覚で

沢山の振付があると

沢山の生地があるかのように

バリエーションが広がる。

そんなイメージが近いと思う。



私もフラメンコを伝えるときに

難しく伝えてしまっている時もあるかもしれない。

だから

なるべくわかりやすい例え話をするのだけれど

なかなか伝えられない時もあるだろう、と思う。

でも

安心してください。

フラメンコは難しくない、単純です。

面倒くさがり屋の私でもなんとかなるのがフラメンコの良いところです。



スタジオアウロラのHPはこちら

               AURORA  flamenco