• AURORA

みんな顔しか見てないよ

みんな顔しか見てないよ





一生懸命

フラメンコを勉強している皆さんにとっては

ガッカリするお知らせなんですが・・・

「お客さんは顔しかみていない」

という

紛れもない事実があるんです。

「フラメンコのダンスそのものより顔を観られている」



私がフラメンコを観るときは

どこを観ているか?

というと

顔をみている、

ということはないです。

1番感じているものは「音」




フラメンコの音楽、

その次にダンサーそのもののフラメンコのダンスや

バックにいる歌手、

手拍子を叩いている人。

そんなフラメンコ鑑賞の仕方をするのは

私が

フラメンコオタク、フラメンコマニアだから。



しかし

フラメンコのことを観るだけの人は

そういう鑑賞の仕方をしない場合がほとんど。

フラメンコより

フラメンコを踊っている人に興味がある。




観に来てくれる人が

アナタのお友達、家族だった場合は

アナタが好きだから

アナタが好きなフラメンコだから

観に来ている。

そうすると、

楽しそうに踊っているのか、

または

いつもと違う輝いているだろうアナタに

感動する。

つまり、

ダンス、踊りそのものより

アナタ自身の気持ち、というものを

感じやすい顔を見ている場合が

ほとんどです。



頑張って覚えた

難しいステップ、足下より

顔がみたい。

キレイにメイクした顔がみたい。

着飾ってキレイになって

非日常を楽しんでいるアナタをみたい。



だからアナタのフラメンコを観ている人が

フラメンコ専門家ではないのなら

まずは

楽しんで踊っている姿を

みせる練習をすることを

オススメします。




私は

自分が観賞としてフラメンコを観ると

良いと思うことを

生徒さんにそのまま教える、

ということはしません。

生徒さんそのものが

フラメンコを楽しい、と思えて

その時間を楽しむ事が

まずは1番大事だと思うので。

その過程で

フラメンコオタクになって

フラメンコ観賞することが

好きになるかもしれません。




そうなった時は

フラメンコ談義で

一緒に盛り上がりましょう~

0回の閲覧0件のコメント