• AURORA

これからの45歳からのオンナの生き方(一芸を身につける)

これからの45歳からのオンナの生き方

(一芸を身につける)




先日のブログにて

日本人の実質オトナは35歳からではないか?

という説を唱えました。

これは

自分自身の経験と周りを観察した私なりの考えです。

25歳までは両親から与えられたモノ

ハード・ソフトともに

(環境から容姿・思想・与えられたモノまで)

良い意味でも悪い意味でも

自分の大部分を占めていることが多いと思う。

そこから

そのままの価値観で生きていく選択をしたり

自分なりにあらがっているつもりの選択をしたり

突き進み

上手くいけば上場なんですが

違和感を感じたり、そして失敗などしながらの35歳。

そして、そこから

本当に自分のスタイルを確立してくのではないか、というストーリーを経て。




親世代が私達、むすめたち、

女性に求めていたのは

「自分が知っている

最低限の幸せの形」

それは

幸せな結婚、ひとまず安定した暮らしで

「そこそこ苦労のない

人生を送ってくれたらいいな」

そんな価値観が多いのではないでしょうか。

(もちろんそうじゃない場合もあるでしょう)

多くのシンデレラストーリーのように

「王子様と結婚してシアワセに暮らしましたとさ」

チャンチャン。

と行きたいところだけど

そうはいかないことはもうどうしても

ごまかしのきかない事実・真実・・・

35歳、45歳から

どう生きていくのが「シアワセ」なんだろう、

見本があるようなないような

このご時世。



<45歳からどう生きるのがシアワセか?>

定型はないけれど

一芸を身につけることが

オススメ。

現代日本の40代50代の女性たちは

子育てを終えて

オバサンまっしぐら→

みたいな人は少なくて

なんらか自分らしい

楽しい人生を求めている。

そこで私は

<一芸を身につける>ことをオススメしたいです。

思ったより

人生が長くて

オバサンまっしぐら→かわいいおばあちゃん

となるには元気すぎる。

やっぱり

何か1つ自分なりの<一芸>をしっかり身につけることは

いいことのように思うのです。

人はいくつになっても向上心があって

挑戦することって

好きだと思うんですよね。




<一芸>というのは

何も人前に出て何かをすることじゃなくてもいい。

大道芸人みたく「ジャグリング」できりようになる、

なんてベタじゃくていいし。(笑)

南京玉すだれ、とか?

自分なりのスタイルを周りにも理解してもらって

応援してもらえるようなものがいい。

一昔前の主婦だと

「とりあえずパートに行かせて」みたいな話になるのかもしれない。

そういう感覚で

選択肢があるならば

何か「自分スタイル」を表現できる<一芸>があると

この先の人生が楽しくなるかもシレナイです。



私の場合の<一芸>は<フラメンコ>

35歳から始めて

10年以上続いているので

周りにもそれが浸透しているため

こちらから話をしなくて

「最近フラメンコどうなの?」と

天気の話と同じように話題にだしてくれる。

そこまでいくと

何かと生きやすい、便利ですよ。

楽しいことばかりじゃなくて便利という

知られざる裏メリット!!

例えば・・・・




行きたくない会合や

惰性の付き合いを

「フラメンコ」があるから、と言って断れる(笑)

意外に大事なことですよ~

「あの人は楽しそうだけど、なんだか面倒くさい」と

思われることもあるんでしょうけれど

10年たつと

周りも慣れてくる。

認めざろえない状況にもっていく、といいますか。

好きな趣味があって楽しいプラスアルファ

身を守る術にもなるという

裏メリットも結構でてきます。(笑)


唯一のポイント、注意点は

「これだと思ったら絶対やめない」

これる尽きると私は思う。




同世代の女性で

好奇心旺盛で元気な何かを追い求めている女性に

時々出会います。

色んな事に挑戦して手を出すのはいいけれど

それがコロコロ変わったり

ちょっとのことでやめちゃう人は

私的には

20代ならいいけれど

40代だと信用できないな、というジャッジを

心の中で下してしまう。

理想は

20代のうちになんでも手を出して失敗して

35歳前後でなんでもいいから

続けられることはみつけて何がなんでも続ける。

でも女性は結婚・出産があってそうはいかない場合がある。

だから今が

<一芸>をみつける時期にきた、という方もいらっしゃるだろう、

そう思ういます。

そういう場合は

程度問題もあるけれど

どうか簡単にやめないで

続けていったら見える景色が違ってくるだろうって

私は言いたいですね。



私はたまたまフラメンコが相性がよかったので

フラメンコを続けています。

もしもアナタがフラメンコをやってくれたら嬉しいけれど。


とにかく

フラメンコじゃなくてもいいので

アナタが自分の好みなことで

なんらか楽しい人生を送れるツールをゲットして

笑顔の増える毎日を過ごしてくれたらな~

そう願っています。



スタジオアウロラのHPはこちら

               AURORA  flamenco