• AURORA

「弟子に負けたら腹を切れ」

「弟子に負けたら腹を切れ」



「弟子に負けたら腹を切れ」


去年だろうか、

ある教育ビジネスのメルマガで聴いた音声で

かなり刺さったフレーズ。


強烈だけれど

激しく納得して

私の心の手帳に「教訓」として書き込まれたフレーズです。




フラメンコの先生に限らずですが

「先生」と名乗って教えているのであれば

教えている生徒に簡単に超えられるようであれば

教える資格がないように思います。


もし私が

生徒さんに

フラメンコのことで超えられるようなことが起きたら

教えるのはやめます。


逆に

自分が生徒の立場で

「先生のことを尊敬する部分がない」と思うならば

一秒でも早く

教わるのをやめたほうが良い。


時間の無駄だと思う。


お互いにとってプラスになるわけがない、のです。




例えば

「生徒に超えられるように教える事がいい先生」という考えもあるかもしれない。


でも

それはいい人のようで

「無責任」という気がする。


しかも

超えていく生徒さんは

その人が教えたことで成長したのではない場合が多いのではないか?と

私は思います。




それは先生のことを神のようにあがめろ、というそういう話ではなくて。


例えば

恐怖・洗脳のようなパワーを使って

教えている先生もいる、実際習ったこともある。


私は

そういう先生を尊敬はできない、ので

すぐやめたけれど。

(極端な人の場合はすぐ判別できるし)


相性もあるだろうし

自分自身の器の問題もある。



「人の目は本当に節穴ではない」という教訓も私は心の手帳に書いてある。


心から成長を願っての指導なのか

自分本位の指導なのかは

しっかりと考えればわかること、なのです。


例え納得いかないことでも

言うことを聞いてしまった方が

自分の頭で考えなくてはいいので楽で

そこに逃げる人もいると思う。


しっかりと考えて欲しいな、と私は心から願います。




勘違いが生まれるといけないので付け足すと

私に習う事がなくて「卒業」するのは

全然あることだと思う。


自分のスタイルというものが確立されたら

人に習うのを卒業することもあると思う。


そこで

「卒業を喜ばない先生」は最低だと思う。


その生徒さんが「先生を超えた」という感覚ではなくて

違う人間なのだからスタイルが違うはず。


何が言いたいのかというと

「この先生は尊敬できるどころか、最悪な先生だ」と

思われるような先生になったら

やめるべきだろうし

そうならないように「人間力」を高めなくてはいけない、と

常に渇を入れたい、ということ。




フラメンコの先生の悪口ばかり言っている人に

何人もあったことがある。


正直、

やめればいいのに、、、と

心からウンザリしていたのを覚えている。


女性というのは

ややこしいところが実際にあって

「好き」の反対が「キライ」とも限らない。




以前

エピソード・ゼロシリーズで

私が中学生の頃、

転校して友達ができなくてさびしかった、辛かった、という

お話しは紹介しました。


「オンナゴコロは複雑」というのを

最近も感じたエピソードを紹介します。


数ヶ月前、ある見覚えのない女性に声をかけられました。


「ゆかりちゃん、だよね?私、わかる?」

と言われて

立ち止まり顔を見たけれど

全然思い出せない・・・


「ごめん、わかんない、どちら様ですか?」と聞いたところ

中学生の同級生だったのです。


(彼女はめちゃめちゃ見た目が変わっていたのでわからなかったけど

私は変わってないのね?と、ちょっとテンション上がりましたが)


その後

少し立ち話して

「中学生の同級生で今でも仲良い人っている?」という話題。


岐阜県ならではの地元トークしてたんだけど

彼女は今でも中学生の同級生で仲良いメンバーがいるらしい。


そのメンバーを聞いて驚くのは

当時お互い表向きは仲が良いけれど

陰で「ブス」だの「自分の方がカワイイ」的な

見にくいトークを繰り広げていたメンバーたちだったこと(笑)


オンナって本当にわけがわからない、と当時も思っていたけれど

今でも「相変わらずなのかな」と少し身構えてしまいました。


要するに

「ライバル」的な存在ということで

「キライ」ではないお友達、ということなのかな??




ちょっと話はそれちゃったのだけれども

まず言いたいのは

「私は人の悪口を聞くのが大嫌い」なので

自分もなるべく言わないし

言うような相手なら付き合わない。


どうしても縁が切れない

家族のような存在であるとか

会社関係の人とは違い

「友達」や「フラメンコの先生」は選べる。


もちろん人間なので

私も含めて「完璧」なわけがない。


だけれども

自分がどす黒くなって悪口を言いたくなるくらいの存在と

関わり続けるのは

「意味不明」だと思いません??


それも含めて

「どす黒き思いをお互い抱えつつ、付き合い続ける友情を私は選ぶ」と

話していた人もいるので好み、だけどね。




ちょっと脱線しまくり、だけど

オンナトーク、

そして

私なりの「美学」を語っちゃいました。


スタジオアウロラのHPはこちら



(ロホは最高・最強のパートナー♫)

















               AURORA  flamenco