top of page
  • 執筆者の写真AURORA

「センス」がある?ない?「センス」は磨ける

まずは

お知らせから〜






 

2024年2月24日(土)


「かがやきライフタウン大垣2024

・春のつどい」

午前の部に出演


アウロラフラメンコ

出演時間予定

11:45〜12:00

 










週末の

フラメンコレッスンday〜

 

ガッツリ

新曲を進めて

 

ガロティン

ソレア・ポル・ブレリアス

 

振り付けレッスンを

ざっと

終わらせました^^

 







もちろん

まだまだこれから

できるようになるまで

時間はかかる部分もあるはず

 

だけど

動画がある場合は

 

何も考えずに

とりあえず動画と一緒に

100万回

動いていただければ(笑)

 

ある程度

できるようになります^^

 

まずは

練習量だけで乗り越えられるのが

振り付けを覚えるという作業です

 

まだまだ

この段階で

センスは必要ない

 

センスがないって

言い訳する人って

 

繰り返す

反復練習する

 

この地味な作業に耐えられないだけ

 

練習が足りない場合がほとんどです〜

(厳しいと感じるなら

多分、練習足りないね)






 



ただ

一方で

 

センスがある人

センスがない人

 

って

 

いないのですか?と

反論したくなる人もいるでしょう^^

 

もちろん

 

センスがある人

センスがない人

 

います^^



ある分野に関して

センスがない状態ってどういうことかっていうと

 

「良い悪いの判断がつかない」

 

つまり

フラメンコに置き換えた場合

 

 

上手なフラメンコと

下手なフラメンコ

 

見分けがつかない

 

そんな状態がセンスがない、

ということになります^^

 

特に

フラメンコの場合は

一般的に知られていないので

判別しにくい

 








これがよく知られている

歌ならば

 

上手いか下手か

わかりやすいよね^^

 

つまり

よく知らないことって

いいも悪いも

よくわからない

 

何が言いたいかというと

 

最初から

センスのあると言える人はいるし

頑張ってもセンスがない人はいるのは否定しない

 

だけど

ある程度は

よく知ることでセンスは磨かれる、と言うこと

 

よく知る一番の方法は

自分がやってみる、

これは理解が深まる

 

フラメンコを習っている人は

フラメンコを知っていくので

フラメンコに関しては

センスが磨かれていく

 

つまり

知ることで

できるようになることで

センスは磨かれる








例えば・・・

 

私は

全然が絵が描けなくって

上手じゃない

 

小学生みたいな絵しか今描けません^^

 

「プレバト」という

絵を描いたり

俳句を読んだりして

先生に見てもらう番組が好きで

よくみるのですが・・・

 

私は

絵の方面の作品に関して

圧倒的なもの以外は

違いがよくわからないです〜

 

ちょっとした部分では

上手いか下手か

よくわからないから

「才能あり」「凡人」「才能なし」などの

判定がつけられないし

当てられないっていうかね^^

 

だから

センスがないってこうことだろうって

思うのね〜

 

ただ

京都のルーブル美術館で

まじかにみた作品ならば

圧倒的にうまいって

私でも判別がつくんですね^^

 

一流って

そういうことなんだな〜って

感じました^^

 

 

絵の先生に聞いたら

絵に関しても

習えばある程度は上手くなるらしいから

 

センスがない人でも

習えば

ある程度できるようになる

 

センスがある人は

習わなくても

ある程度はできるんだと思います^^

 



フラメンコに関して

私自身について言えば

 

他の分野よりは

センスがある方だとは思うけれど

凡人レベルかなって

自分のことは判断しています^^

 

圧倒的な練習量と知識で

凡人レベルを少し上げているだけかな〜

 

好きなことに夢中になれるところが

唯一の長所なので

それがプラスに転じたって

カンジ〜??(笑)

 

結論

 

センスがある、なしは

元々の素養

プラス知識と練習量で

変わってくる!!

センスは磨くことができます!!

 




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page