• AURORA

「イイオンナ」の演じ方にはコツがある

「イイオンナ」の演じ方にはコツがある





生徒さんに良く言うセリフがある

「世界で1番イイオンナ~という雰囲気で踊ってね」

男性の生徒さんには

「イイオトコ」になりますが。


イイオンナって思ってもないし

そんなことも考えたことがない、くらいの人が

普通だし

あくまでも

堂々と自信をもって踊って欲しい、という意味合いもありますが

フラメンコを踊っている時間だけ急に演じろ、というのも

なかなか難しいかもしれませんね~。

一体

イイオンナってどんな風??


そんな照れ屋なアナタに

イイオンナを演じるコツを伝授するならば、

「イイオンナっぽい人の真似をする」

これだけに尽きるよね。

正確な定義がない

イイオンナ。

身長何センチ、体重何キロで

何歳くらいの女性で、、、

とかそういう具体的な見た目ではなく

雰囲気の問題ですよね。

私が思う

イイオンナの真逆なオンナは


➀オバサンっぽい

②卑屈っぽい

③ひがみっぽい

④嫉妬深すぎ


イイオンナは決してこの4つには

当てはまらない。


この4点は

普段から

そういう言動はただちにやめてもらいたい。

その方が

人生得だし。

➀自信なさげ

②気弱すぎ

この2点は

日本人男性は好きな人も多いかもしれない。

しかし

フラメンコ的イイオンナとは真逆の雰囲気。

フラメンコはスペインの情熱のダンス。

踊っている時は

こういう雰囲気は封印しましょう~


1番手っ取り早い

イイオンナっぽく踊っている人の真似が

1番いいよね。

真似してても

本体は自分なわけだし

そのままにはならないし

そのうちオリジナルになっていくものなので

どんどん真似してみるといいと思う。

心の中まではみえない、むしろ見せない。

イイオンナを演じる。

そのうち板に付いてきますから

大丈夫です。

あと、

自分のことをイイオンナと思っている人にだけ

会うようにするのも大事だと思う。

イイオンナ、色っぽいオンナを演じるのに

もう一つコツがあるならば・・・

バタバタしない、急がない、

ゆっくり動く、ゆっくり話す。

バタバタして急いでいるのは

やはり

オバサン感満載になってしまうので、

いつも余裕で行動できるように。

あと

ガサツなカンジも

よくないかもね~

清潔感は必須なので

そこも注意点ですね。



1回の閲覧0件のコメント